ゴルフの初歩的なルールを覚えよう

ゴルフを始める女子が増えました。大変喜ばしいことで、始めるなら真剣にゴルフを楽しんでほしいものです。ゴルフが流行りだしたのは良いことなのですが、ルールやマナーをご存知ない方が多いのも現実問題です。では、初歩的なゴルフのルールについて簡単に書きます。ゴルフ場を回るラウンドの際に、最低限知らなければいけないことなので覚えてください。ゴルフコースを回るときは、ゴルフ用のドレスコードが必要です。最近は、そのゴルフ場でルールがあるようなので事前に調べておきましょう。他の人(プレーヤー)がアドレス(打つモーション)に入ったら、大騒ぎしたり、プレーヤーの後ろに立ってはいけません。他の人がティーショット(始めに打つ)を打ち終わるまでは、ティーグラウンド(打つ場所)に入ってもダメです。打った本人は、打ち終わったらスグ移動します。

バンカーについて
バンカーに入れてしまったら、打ち終わった後にちゃんと砂をならしましょう。この場合、ピンの方向に向かってならすようにします。そして、バンカーにあるボールを打つ場合は、注意して打たなければなりません。クラブを砂に付けると、2罰打となります。バンカーでは、クラブを浮かせて打たなければなりません。グリーン上では、走ったり、パットライン(カップからボールの軌道)を踏むことは、禁止されています。

グリーンのマナーについて

ゴルフのルールというものは、現場で覚えるのが一番早いと思います。ルール本を読んだりするのも参考になると思いますが、コースに出たほうがいろいろ覚えると思います。ここでは基本的なことをご紹介しますね。まずは、打つ順番について、ゴルフは前のホールで、一番成績が良かった方から打ちます。そして、グリーンの上では、カップから一番遠い人からパットします。グリーンに乗ってパットしたボールがカップのピンに触ると2罰打のペナルティーになってしまうので気をつけましょう。防止としては、パットの前に旗(ピン)を取り、グリーンの外へ置くのが一般的です。

OBについて
OBは、ゴルフ場の白杭よりも外側へゴルフボールがいくとOBとなります。OBになった場合は、ペナルティーで1打罰で再び打ち直しになります。ちなみに、ローカルルールで、前進2打罰というルールもあって、この場合は、プラス2打して、OBした場所のフェアウェイから打ったり、OB用の黄色のティーから打ったりします。ゴルフは難しい上にルールもたくさんあります。いろんなバージョンで細かいルールがたくさんありますから、分からないことは上級者に何度も確認しながら回ると良いでしょう。