ステーキの焼き方でお肉は魅力的になる

ステーキの焼き方について

ステーキの焼き方は10くらいの段階があります。
ステーキって、誰でも好きなはずですよね?食さないのは「ベジタリアン」くらいかな。鉄板焼きや金網の直火焼きなどと、おいしく焼いて食べるものです。
それでは、その焼き方についてご紹介したいと思います。
焼き方
・ロー=完全に生のままの状態
・ブルー=片面や両面を軽く焼いた状態
・ブルーレア=ブルーよりもっと片面や両面を焼いた状態
・レア=片方を焼いた状態のもの
・ミディアムレア=レアよりもっと焼いた状態
・ミディアム=全体的に軽く焼かれた状態で肉汁がレアっぽいもの
・ミディアムウェル=ミディアムより焼かれた状態のもの
・ウェルダン=よく焼いた状態
・ヴェリー・ウェルダン=完全に焼かれた状態の肉
こんなもんなんですが、レア、ミディアム、ウェルダンの三つの焼き方を覚えておけば間違いないと思います。

「チキンカレー」ワタシは一番好きです

チキンがたまらない。「チキンカレー」が大好きなんです。
カレーは、なぜかチキンでないと美味しくなくて、ブタや牛だと、ダメなんです。
チキンカレーにこだわった、簡単な作り方を教えましょう。
まずは、最初に、たまねぎ大1ヶ、にんにく2片、しょうが1片、トマト大1ヶ、チリパウダー3.5g、ターメリックパウダー3g、ガラムマサラ2g、塩少々、鶏肉180g~200g。
あとは作り方なんですが、たまねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りしてください。
油でいためましょう。茶色くなったら火を小さくします。トマトをみじん切りして入れ1分半炒めます(トマトは美味しいですね)。先程のスパイスと塩を全部入れてから1分炒めましょう。鶏肉を入れて肉の水分が出てくるまで、ゆっくり炒めます。スパイスの香りが出てきたところで水をお好みで入れます。後は煮込んで終わりです(お水の加減と煮込む時間は大事なポイントなので気をつけましょう)。これでチキンカレーの完成です。作り方は載せてますが、味はお好みで調整してください。私個人は、辛いほうがお好みなので、激辛ルーをいれますけどね。今度は「ハヤシライス」あたりのレシピを載せようと思います。

洋食ファンなのだぁ「ハヤシライス」の作り方

本日は「ハヤシライス」のレシピです。軽い気持ちで参考にしてくださいな。
肉は3枚肉を用意して普通より厚めに切りましょう。
玉ねぎは縦まわし切りに、スープも濃いめにとり計っておきます。小鍋に分量のスープを入れ浮かして温めておきます。厚めの深い鍋に油と小麦粉を計っておいて、中火よりやや弱火でゆっくり炒めます。ベージュ色から、おうど色になったら手早く鍋を下ろして熱いスープに移しなめらかにのばします。なめらかになったら時々なべ底を通しながら2~3分練ります。フライパンにオイル(半分)をしき牛肉を手早く炒めて表面の色の変わる程度で取り出します(焼きすぎは注意)。そのフライパンにオイル(残りの半分)を加え、玉ねぎを強火で炒めて前の肉を加えて塩、胡椒をふり入れ全体に味をからませ、すぐにルーに移します。火を通して煮込んでいきます。ケチャップを入れ濃度を確かめます。火が通ったらウスターソース、調味料、砂糖を加えブラウンソースに仕上げていきます。こんな感じで出来上がりです。自分で作る楽しみがアリまして気持ちいいですよ。料理に興味がない方は苦しいかな。とりあえず、作り手の気持ちが味あえます。

料理が大好き「エビチリソース」にチャレンジ

エビって美味しいよね

スパイスが決めて「エビチリソース」が上手く作れたのでご報告いたします。作り方は簡単です。
材料
エビ=約300グラム
市販の調味料=1袋
かたくり粉=大さじ1
サラダ油=適量
作り方は、エビは水気をよくふき取りましょう。かたくり粉を大さじぐらいでまぶします。鍋にお水と何かを用意してください。エビをいったんザルに上げましょう、お湯は捨ててもいいですよ。火を止めて合わせ調味料を鍋に入れて加熱します。エビを戻して入れて調味料とサッと合わせて完成です。少々忘れちゃいましたが、だいたいはこんなかんじです。申し訳ありませんが参考にしていたサイトが消えちゃいましたので、途中でヤメます。でも、料理を作ることは楽しいことなのでミナサマも続けてチャレンジしてください。何でも作れるとカッコよくみえてきますよ。わたしも娘に作ってあげるのが、楽しみなので頑張ってます。今日はこの辺でカンベンしてください。

「鶏竜田揚げ」がおいしい

「から揚げ」もいいけど「鶏竜田揚げ」もイイよね。作ってみませんか?
何か料理ができると「デキル男」のようで、わたしはチャレンジしてみました。レシピ通りすると簡単にできてしまいました。作り方は、鶏もも肉の余分な皮や黄色い脂を取り除いてください、食べ易い大きさに切りましょう。そして調味料を混ぜ合わせ、切ったもも肉に絡ませ10分ほど置く。キッチンペーパーなどで水分を取り除き、片栗粉をまぶす。フライパンの油に菜箸を入れて細かい泡が出て来たら、鶏の皮面から入れる。鶏が浮かび色づいてきたら、最後に強火にしてきつね色にして油を切って完成です。
※最初は弱火で始めて、だんだん中火、強火とあげていったほうが仕上がりはいい感じになりますよ。揚げ物は後始末が大変です、奥様がいる方はちゃんとお断りをしてからがいいですよ。